ここから始める不動産navi

足立区ではじめよう!

足立区の特徴と不動産の購入について

昔から足立区は「下町」と呼ばれており、現在もその風情を残しております。例えばですが、僕の祖父も北千住でお店を開いておりますが、そこも昭和の時代からあり、たたずまいも全く変えていない老舗の店舗です。そのような地域性が良いと思う方も居るとは思いますが、どうしても「そういうところより近代的なところに住みたい」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、最近では足立区も交通機関が発達してきております。そのため、日暮里舎人ライナーやつくばエキスプレスと言った鉄道が整備されている場所の周辺は、「え、ここが東京の最北端なの?」と思うほど、賑わいを見せております。その為、下町情緒の溢れる地域と近代的で発展を見せる地域を併せもっている足立区の不動産の地価はかなり高いものとなっております。もし購入を考えている方が居るのであれば急がれた方が良いのではと思います。

足立区の不動産の魅力

東京23区においては、どうしても人気のスポットのヒエラルキーが出来ております。個人的にはどうしても新宿区や渋谷区、中央区あたりに人気が集中しているような気もします。しかし、下町で不動産を買う際には浅草に流れていく方も多いのではと思いますが、その隣にある足立区は実はかなりの優良物件です。何と言っても足立区の良いところは交奥州街道を初めとして主要な道路がとおっているだけでなく、秋葉原や上野などには電車でも非常に早く到着することが出来るところです。そのため、ジーンズや電化製品、そして何と言ってゲームやアニメグッズを手に入れるには非常に住みやすい街にもなっております。そのようなものに興味が無い方でも、休みの日に動物園や美術館に行くなど、お子様に喜ばれるスポットも近くに多いため、非常にいい場所だと思います。

足立区の不動産はお子様の教育に向いている

自分のお子様を海外でも通用するようになってほしいとは、どの親御さんも思うのではと思います。しかし、海外で働くには実は英語力以上に「文化の知識」が必要です。例えばですが「あなたは印象派の時代背景についてどう思う?」などの質問に対して答えられないと、はっきり言って相手から低い評価を受けてしまいます。そのような事態を避けるためには、文化的な知識を身に着けておくのは実は必須なのですが、それには足立区はかなりいい場所となっております。その理由は、足立区は日本でも有数の大きな美術館である上野美術館や日本文化の象徴ともいえる浅草などの施設がすぐ近くにあるだけでなく、主要な図書館だけでも15を数えるほど存在しており、お子様の情操教育には非常に優れている町です。不動産を買うときには中々迷うかもしれませんが、20年後を考えるときわめて勧められるところと言えます。

1月 15th, 2014 at 11:27 am

Posted in